民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

いじめは必ず発見される。必ず救われる。 ~いじめを受けている皆さんへ~
民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

いじめは必ず発見される。必ず救われる。 ~いじめを受けている皆さんへ~

いじめは必ず発見される。必ず救われる。

~いじめを受けている皆さんへ~
 
 
・今日(10月11日)から、日本中の学校で、皆さんを守るための世界で一番のいじめの対策がスタートします。
 
・「いじめ防止対策推進法」は、私が中心となって作った法律です。
そして、法律のルールを決める基本方針も、皆さんを必ず守れるものになるように頑張りました。
 
 
・今、いじめを受けている皆さんは必ず発見され、必ず救い出されます。
 
・今、いじめをしている皆さんは必ずいじめを止めさせられ、また、二度といじめは許されないようになります。
 
・いじめを見ている皆さん、いじめに気付いている皆さんは、いじめられているお友達を助けるために、決して皆さんが仕返しを受けたりすることなく、安心して学校の先生や周りの大人の人に相談できるようになります。
 
こうした仕組みが日本中の学校でできるような
法律とルールを作りました。
 
 
○皆さんのいる全ての学校に、いじめ対策のチームが設置されます。
・チームには、学校のたくさんの先生が参加します。
・チームには、生徒指導や学年主任の先生だけでなく、養護の先生や、学級担任の先生、教科担任の先生など、学校中の先生が参加します。
・また、このチームには、学校の先生以外の皆さんを守る役目の人たちが、先生たちを応援し、皆さんを守り切るために参加します。弁護士や人権擁護委員、警察OBなどの人たちが参加します。
 
○学校で起きた全てのいじめはこのチームが対応し、皆さんを救い出し、いじめを止めさせます。
・さらに、このチームは、皆さんのお父さんやお母さんをしっかり支えて、お父さんやお母さんと一緒に皆さんを必ず守ります。
 
○学校の中や学校の外で発見されたいじめは、全てこのチームに報告されます。
・特に、学校の先生はいじめを発見したら必ずこのチームに報告しなければなりません。
・いじめは、「ふざけているようだけど、本当は辛いのではないか」、「ケンカのようだけど、本当は抵抗できないのではないか」など少しでもおかしいと思ったものは全てチームに報告されます。
 
○皆さんが誰かに相談しようと思ったら、担任の先生でも、隣のクラスの先生でも、養護の先生でも、お父さんやお母さんや周りの大人の人など、誰にでも相談して下さい。
・必ず、学校のいじめ対策チームがすぐに皆さんを救い出し、いじめを永久に止めさせます。
 
○安心して相談できます。相談するときは、皆さんをいじめから守ることが最優先されます。
・勝手に、相手に皆さんからの相談を教えるようなことはありません。
・いじめが止まった後も、いじめが繰り返されないよう、皆さんが仕返しを受けないよう、徹底して皆さんを守ります。
・インターネットのいじめも、嫌な苦しい書き込みは削除されるようになります。
 
○いじめをしてしまった皆さんは、なぜ、いじめをしてしまったのかその原因を、学校の先生、お父さんお母さん、そして、いろんな専門家の人と一緒に考えて、二度といじめをしないように、しなくてもすむようになってもらいます。
・しかし、ひどいいじめをした場合は、警察の補導を受けたり、逮捕をされてしまうこともあります。
 
○学校のいじめ対策のチームの他に、学校ぐるみの「いじめの防止プログラム」を作り、みんなで実行していくことになっています。
・「いじめられている子どもは何も悪くない」、「いじめは絶対にしてはいけないことだ」、「いじめをすることは卑怯で恥ずかしいことだ」と学校の全てのみんなが考えるようになっていきます。
・いじめをしている皆さんが、自分達のやっていることが恥ずかしくて居たたまれない雰囲気に学校が変わっていくことになります。
 
○また、学校のいじめ対策のチームには、順番に全ての学校の先生が一人残らず参加していきます。
・全ての先生がいじめ対策のチームの一員になることを経験して、学校の先生は、いじめから皆さんを徹底的に守り抜く一番の味方になります。
・誰か、皆さんの苦しみを理解してくれない先生がいても、他の先生がチームになって皆さんを助け出してくれます。
 
○いじめに気付いたお友達も、学校の先生や周りの大人に相談して下さい。
・どの学校の先生に相談しても、いじめを受けているお友達をいじめ対策のチームが救い出し、相談してくれたお友達は仕返しを受けることなく、いじめを止めさせます。
 
○この法律のもとでは、「いじめがあって当たり前の学校」、「いじめがあってもしょうがない学校」から、「いじめは絶対に発見され、いじめられている子どもは必ず救い出される学校」、「いじめを受けている子どもは何も悪くない、いじめは絶対に許されないとみんなが考える学校」に変わります。
 
 
・これからすぐに日本中の学校でこうした仕組みが始まります。
遅い学校でも今年の12月にはこうした仕組みが始まります。
 
・いじめを受けている皆さんは、決して絶望しないで下さい。
皆さんは、今の辛い状態から、必ず救い出されます。
 
・いじめをしている皆さんは、直ちにいじめを止めて下さい。
皆さんのいじめは必ず発見され、通報され、止めさせられ、大きな後悔をすることになります。
 
 
もう二度といじめで自殺する子どもがいないように、いじめから皆さんを絶対に守るために、世界一の仕組みを作りました。
 
必ず、楽しい学校生活に戻れます。
皆さんは世界で一番大切な存在です。生きて下さい。
 
2013年10月11日    
参議院議員 小西 洋之

 

 
 

※ いじめ防止対策推進法の国の「基本方針」の策定に当たっては、立法者として、法制定時に私が全て起案した附帯決議の趣旨などを全面的に反映させることにより、当初の民主党案の構想を実現すべく、あらゆる手段を講じて全力を尽くしました。

結果的に、私の修正意見が文部科学省の協議会の提出資料とされるなどして、取りまとめられた基本方針は、かけがえのない子ども達の生命と尊厳を救うために諸外国のいじめ法制等の分析の上に立案した民主党案の仕組みが殆ど盛り込まれ、政界最高水準の対策となったと考えています。

 

pdficon_large いじめ防止基本方針(案)(小西修正案)

 

いじめの防止等のための基本的な方針 (文部科学省HP)



ページトップへ