民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

項目ごとの御説明はこちらです。
民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

項目ごとの御説明はこちらです。

第一章 昭和47年政府見解の読み替え

安保法制の集団的自衛権行使は「憲法違反」、確立していた集団的自衛権行使の憲法9条解釈

昭和47年政府見解の読み替え

7.1閣議決定「基本的な論理」は読み替えによる「捏造の論理」-昭和47年政府見解に集団的自衛権行使は影も形も存在しない

7.1閣議決定と安保法制は立憲主義に反するクーデターそのもの、解釈改憲を禁じる「昭和29年参議院本会議決議」などとの矛盾・衝突

安保法制の衆議院特別委員会での追及、安保法制を廃止するために、

主権者である国民ができること

【参考】「昭和47年政府見解の読み替え」を示す国会答弁

 

第二章 憲法前文の平和主義の切り捨て

憲法前文の平和主義の効力

憲法前文三つの平和主、集団的自衛権行使と「全世界の国民の平和的生存権」との矛盾、7.1閣議決定の文面上も明らかな「平和主義の切り捨て」、日本国民の平和主義への「誓い」を奪う7.1閣議決定

平和創造会議設設置法構想について

【重要解説】集団的自衛権行使容認の「砂川判決論法」を徹底論破する

 

第三章 立法事実のでっちあげ

集団的自衛権行使がなぜ必要不可欠なのか不明、「

日米安保保障条約第6条に基づく在日米軍基地の本質

日米安全保障条約第3条

日米安全保障条約第6条に基づく在日基地の本質

米軍イージス艦防護の事例の分析

 

第四章 その他の憲法違反

その他の憲法違反 

 

第五章 集団的自衛権の新三要件

「歯止め論」以前の「成立論」として絶対的に違憲の新三要件

 

第六章 解釈改憲・安保法制による法の支配と民主主義の蹂躙

内閣法制局は7.1閣議決定に際して一切の審査をしていない

参議院憲法審査会附帯決議に違反して強行された7.1閣議決定

7.1閣議決定及び安倍総理の米国議会演説は内閣法第1条違反

集団的自衛権行使及び解釈改憲を禁止した参議院本会議決議違反

 

第七章 平和憲法「専守防衛」の改変-道理も日本語も崩壊する安保法制

専守防衛の改変

 



ページトップへ