民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

私たちの平和憲法と解釈改憲のからくりー専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明
民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

私たちの平和憲法と解釈改憲のからくりー専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明

目次

第一章 解釈改憲のからくり その1「昭和47年政府見解」の読み替え

はじめに-安保法制の集団的自衛権行使は「憲法違反」

1.確立していた集団的自衛権行使の憲法9条解釈

2.昭和47年政府見解の読み替え

3.「読み替え」が違憲無効であることの証明

4.7.1閣議決定「基本的な論理」は読み替えによる「捏造の論理」

5.なぜ、憲法学者の「違憲」の御主張が正しいのか

6.7.1閣議決定と安保法制は立憲主義に反する

7.解釈改憲を禁じる「昭和29年参議院本会議決議」などとの矛盾・衝突

8.「読み替え」は過去、現在、未来の全てを壊す「クーデター改憲」

9.安倍内閣は「昭和47年政府見解」にしがみつくしかない

10.安保法制の衆議院特別委員会での追及

11.安保法制を阻止するために

第二章 解釈改憲のからくり その2 憲法前文の平和主義の切り捨て

1.憲法前文の平和主義の効力

2.憲法前文の三つの平和主義

3.集団的自衛権行使と「全世界の国民の平和的生存権」との矛盾

4.「平和主義」が全く審査されていない7.1閣議決定と安保法制

5.7.1閣議決定の文面上の明らかな「平和主義の切り捨て」

6.国家権力に戦争を起こさせない平和主義との矛盾

7.日本国民の平和主義への「誓い」を奪う7.1閣議決定と安保法制

8.前文の平和主義などについての更なるご説明

第三章 解釈改憲のからくり その3 「立法事実」のでっちあげ

1.集団的自衛権行使がなぜ必要不可欠なのか不明

2.7.1閣議決定における二つの「立法事実のでっち上げ」

3.「米国軍艦による邦人避難事例」における立法事実のでっち上げ

4.ホルムズ海峡事例

5.日米同盟の本質的な理解

6.日米安全保障条第3条

7.日米安全保障条約第6条に基づく在日米軍基地の本質

8.米軍イージス艦防護の事例の分析

第四章 解釈改憲の構造 三つのからくりとその他の憲法違反

第五章 集団的自衛権行使の新三要件 歯止め無き無限定の武力行使

第六章 解釈改憲・安保法制による法の支配と民主主義の蹂躙

第七章 平和憲法「専守防衛」の改変 道理も日本語も崩壊する安保法制

終章 解釈改憲・安保法制の本質 安倍総理と憲法13条

【補足説明】「昭和47年政府見解の読み替え」問題のより深い理解等のために

 

項目ごとのご説明はこちら

 



ページトップへ