民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

憲法奪還!
民進党千葉県参議院議員「小西ひろゆき」公式ウェブサイト

憲法奪還!

安保国会前に解釈改憲の根幹のからくり「昭和47年政府見解の読み替え」を初めて解明し(2015年3月)、違憲を完全証明。安保国会で最大の追及論点とする。

  • 安保国会で、元最高裁判事、元内閣法制局長官の「黒を白と言いくるめる類の違憲」などの陳述をサポートし、安倍政権を完全論破。
  • 前文の平和主義の切り捨ても含めた「なぜ、違憲なのか」、政策的にも「なぜ、不要なのか」を説明した書籍を出版。防衛の第一人者も推薦!(2015年7月)
  • 安保政策のとりまとめを担い、専守防衛に徹しつつ必要な立法(領域警備法 等)を行う党見解を策定し、法案提出。(2016年2月)

これまでの安保法制の憲法違反証明等の活動の詳細は下記をご覧ください。

 

小西の暴いた憲法違反の証明を憲法学者が引用!

野坂泰司「憲法は変わったのか」『世界8月号』(2016年、岩波書店)

 

 

【7.1閣議決定の問題を国会において徹底追及】

【2014/5/28】 本会議代表質問
集団的自衛権行使の解釈改憲は、参院本会議「自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議」に違反し、議院内閣制を否定する暴挙であることの追及
【2014/10/22】 憲法審査会 意見表明
7.1閣議決定が、法令解釈の名に値せず、また、憲法審査会附帯決議に違反した暴挙であることを主張

国会法102条の6

平成26年6月11日参議院憲法審査会「日本国憲法の改正手続きに関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議」

附帯決議の条文解説はこちら(小西ひろゆきブログ)


【安保法制の憲法違反の証明等についてプレゼン資料】 
【8月11日 政府統一見解】
【8月10日 昭和47年政府見解の読み替えに関する政府統一見解】

【衆院参院議員宛文書】

【「昭和47政府見解」の恣意的な読み替えによるクーデター改憲】
【安保法制を根底から覆す「昭和47年政府見解」の真実】

【S47政府見解読み替え】

・関係資料

・二つの「昭和47年政府見解」(S47.10.14参議院決算委員会提出)

・9月11日 配布資料

・9月15日 中央公聴会速記録

・9月11日 政府統一見解

・9月11日 参議院広報「委員派遣要求承認(9月16日)」

【砂川判決に集団的自衛権行使は影も形もない】
【憲法前文「平和主義の切り捨て」のクーデター改憲】
【前文の平和主義の切り捨て 関係資料】
 

【質疑情報】

2016年3月28日 予算委員会質疑

2016年2月17日 憲法審査会質疑

9月11日 安保法制特別委員会質疑

9月4日 安保法制特別委員会質疑

8月11日 安保法制特別委員会質疑

8月  3日 安保法制特別委員会質疑

6月11日 外交防衛委員会質疑

6月10日 本会議反対討論

6月  9日  外交防衛委員会質疑

5月21日 外交防衛委員会質疑

5月19日 外交防衛委員会質疑

5月12日 外交防衛委員会質疑

4月23日 外交防衛委員会質疑

4月20日 決算委員会質疑

4月  7日 外交防衛委員会質疑

4月  2日 外交防衛委員会質疑

3月24日 外交防衛委員会質疑

3月20日 予算委員会質疑

 

自衛隊・市民の「違憲の戦死」を阻止するため、信念で強行採決に対峙!(2015年9月17日)

【記者会見】7月22日 外国特派員協会で記者会見を行いました
“Nominating Article 9 for Nobel Peace Prize”憲法9条のノーベル平和賞を

2014年5月22日 憲法9条にノーベル平和賞授与を求める陳情文書を
ノーベル平和賞委員会へ提出しました

2014年5月14日 The Economist(英国 政治経済誌)に掲載されました

‘Keeping the peace’(憲法9条にノーベル平和賞授与を求める活動)

2014年4月21日 オバマ大統領に親書を送りました

 

樋口陽一著
『いま、「憲法改正」をどう考えるか』
岩波書店 2013年

higuti01

引用部分抜粋

 

奥平康弘ら編
『改憲の何が問題か』
岩波書店 2013年

okudaira01

引用部分抜粋

 

『世界 9月号』
岩波書店 2016年

higuti01

引用部分抜粋



ページトップへ